広告あれこれブログ

漕子が勤めるプロモーション会社の情報を発信していくブログです。

フォトショップでパネマジ写真。普通の女性が美女に変身する魔術。

こんにちは!漕子です。今回はパネルマジックに騙されまくっている男性の方へ記事をお届けします。

成人男性の風俗経験率は41.8%なんだとか。結構みなさんイカれてるんですね…。今回紹介するのはいわゆる「パネマジ写真」制作の裏側。有名な写真修正技術です。みなさん何度も騙された経験がおありではないでしょうか?ただでさえ女性の化粧は盛りまくりなのに、パネル写真の見た目に騙されてはいけませんよ! 期待をし過ぎると裏切られますよ!!! というわけで、写真加工の工程を見ることで要注意箇所をチェックしましょう。

まずはモデルとなる写真素材を用意します。

f:id:hrmshr0216:20180904154100j:plain

今回使用する写真はコレ。とりあえず今回は有料素材サイト「フォトリア」の女性を使用します。モデル写真なので本来なら加工の必要はないんですが…。

元データは残しておきましょう。

f:id:hrmshr0216:20180904154207p:plain

最終比較できるようレイヤー名を「もと画像」に変更し、レイヤーのコピーを作っておきます。

肌を綺麗に整えます。

f:id:hrmshr0216:20180904154324p:plain

修復ブラシツールなどで簡単に肌の汚れを整えていきます。(この作業でシミやケガのあとなども跡形なく綺麗にできますよ)

ホクロはチャームポイントになりえるので、取り過ぎには注意します。このモデルさんの目の下のホクロは残しておきました。ここまでの処理は風俗に限らずどんなジャンルのモデル写真でも大体やっています。本番はここから。

各パーツを変形する

f:id:hrmshr0216:20180904154537p:plain

フィルターメニューの「ゆがみ」で調整を加えます。これがフォトショップ修正の面白いところで、ここからどんどん変わっていきます。マツコ・デラックスが細身になった、あの加工です。

 

f:id:hrmshr0216:20180904154647p:plain

「前方ワープツール、縮小ツール、膨張ツール」を中心に使い分け、パーツを変形させます。選択範囲は基本大きめの方が自然な仕上がりになります。

 

f:id:hrmshr0216:20180904154807p:plain

目全体を少し大きく、瞳を大きくします。通常瞳の大きさに大差はありませんがあえて強調させておきます。目尻は少しタレ気味に(これは好みによりますね)。加工する人の好みも出ますので似通ったパネルが多い場合は要注意ですね。

 口角をあげ儚げなイメージから明るいイメージへ。鼻を少々細く仕上げます。輪郭も少々いじります。ツールで色々試します。

あ、そうそう胸の方も強調しておきました、一応…。ここは本当はとことんこだわりたいところ…ですが先を急ぎます。

ここで要チェック

紐などに歪みがないか見ましょう髪のライン、肩のライン、不自然な向きになっていませんか?

仕上げの補正を加える

f:id:hrmshr0216:20180904155100p:plain

レベル補正で特に鼻周りを白く飛ばします。色白は七難隠すと言いますしね。

 

f:id:hrmshr0216:20180904155150p:plain

そしてお決まりの「口元ぼかし」。鼻と口の処理ですが、ぼかしを入れてもその形はわかるのでしっかり丁寧に処理してます。約10分の工程。これにて簡単ながら一応完成です。

見比べてみましょう

f:id:hrmshr0216:20180904154207p:plain

最後にもとの画像で比較をしてみましょう。もともとの素材が良いでの劇的な変化はないものの、印象の変化はかなりのもの。パネルで騙されないようにしたいところですね。

髪型はさほどイジらないのでそれ以外の部分は5割減を想定したほうがよいでしょう。口を閉じている、隠している場合が多いの歯列、歯茎は出たとこ勝負です(ガチャ歯だったら諦めましょう)。

今回のを参考に写真加工を見抜けそうなポイントをチェックして、パネルマジックに騙される回数を減らしてもらえれば幸いです!マジックを楽しむ心も大事かも知れませんね。