広告あれこれブログ

漕子が勤めるプロモーション会社の情報を発信していくブログです。

低解像度の汚いロゴ、画像をできるだけ綺麗に拡大する方法。

こんにちは!漕子です。

クライアントからロゴをもらったんだけど、解像度が低いjpgだった…なんてことよくありますよね。当然印刷物に向きません。そんなときにできるだけ綺麗に仕上げる方法をご紹介します。

メールに添付されているデータのサイズが数キロバイト

この時点でやる気がなくなるデザイナーけっこういると思います。なぜクライアントはaiデータを送ってこないのか!「もらいなおして」と営業担当に伝えるのものの、「無いって言ってるんです」との返答。漕子「そうですか(どんな管理してるんだよ…)」

諦めて汚いまま使うのも1つでしょうけど、そこはできるだけ頑張りたいですよね。

データサイズを上げていこう!

f:id:hrmshr0216:20180907112926p:plain

例として漕子が勤める会社の上記ロゴを使用して実際にやってみます。データの仕様は200×100px 72dpiで容量は4KB。このまま印刷物に使うとボヤ〜っとしたものになります。

そこでこのサイトを利用します。

f:id:hrmshr0216:20180907113726p:plain

 できるだけ綺麗に大きくしていってくれます。可能な限り作業を繰り返しましょう。

f:id:hrmshr0216:20180907114350p:plain

こうして大きくなりました。元が元なので限界はあります。

比べてみる

f:id:hrmshr0216:20180907115004j:plain左側がaiで右側がpngデータです。aiデータをもらえるのが一番ですが、サイトを利用してできるだけ綺麗にしてみるのが良いと思います。プラスの作業としてイラストレーターの「画像トレース」でパスデータに変換するのもアリです。

同じフォントがあればこっそり打ち直し、それでもだめなら根気よくトレースするしかないでしょうね。