広告あれこれブログ

漕子が勤めるプロモーション会社の情報を発信していくブログです。

『今死んだら、「あの太ってた人」になってしまう。』心に残るキャッチコピー。

こんにちは!漕子です。世の中いろんなポスターが溢れていますよね。そんな中でお気に入りのポスターがあります。それがこれ。

 

f:id:hrmshr0216:20180910183401p:plain

アトラスの美容ポスター。CD, CW:西村麻里 AD, D: 松永崇 D: 村尾彩 P:宮井政樹 DF: SYNCHIRO S: 西村麻里広告制作所
※キャッチコピーの表現別グラフィックスより 発売元:バイ インターナショナル

略称の説明記事はこちら

この言葉は実際に西村さんがお葬式で耳にしたものから着想を得たそう。葬式中に「どうなんだ感」はありますが、常にアンテナは張っておかないといけませんね。

飾り罫はあまり好きではないんだけど、サトイモ科、多年草の「カラー」という花を全面に使うことで「死んだら」という言葉を和らげているようにも感じます。

そして花言葉は…

「華麗なる美」「乙女のしとやかさ。花名の語源となったギリシア語の「カロス(美しい)」に由来するといわれます。「清浄」の花言葉は、純白のウェディングドレスの裾を思わせる白くすっきりしたその花姿にちなむともいわれます。

花をデザインに使うならやはり色味はもちろん、花期、花言葉、特徴などは抑えるべきポイントですね。

キャッチコピーの表現別 グラフィックスはパラパラ見てみるだけでも面白いです。2018年3月発売の最新! 魅せる! キャッチコピーの表現別グラフィックスもあります。

一方、漕子が作ったらこうなったという制作事例がこちら。

f:id:hrmshr0216:20180910183632p:plain

キャッチコピーに引きづられたビジュアルがひたすら怖い…。「そんなに悩まんでも…(そのままでも良いよ)」と思わず言ってしまいそう。下手に人物を使うことで年齢層を限定してしまっていますし、良くないですね。

一方オリジナルは、美容の広告としてはショッキングな言葉ながら誰でもわかる言葉でターゲットに響く。色味も可愛らしい。う〜ん、やはりオリジナルは飾り罫以外はほぼ完成されていますね。こうしたデザインの要素は大いに学んで活用したいところです。